田中らくだのわがまま日記 fase 3

40オヤジが気まぐれにつぶやきます・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

芸術の梅雨~アサヒビール大山崎山荘美術館

大山崎山荘美術館07

元々 ”芸術肌”のキャメル、今回はちと高尚に美術館なんぞを訪れてみた。

以前、”サントリーの山崎”で何度かご紹介した京都と大阪の県境 ”山崎”。

ここはウィスキーだけでなく、元来は約400年以上遡った戦後時代の大舞台となった歴史的名所なのである!!



当時 天下統一を目指した織田信長。
彼を討ったのが かの有名な明智光秀である。
信長への謀反の後、光秀は羽柴秀吉に攻められ自害するわけである。

光秀の最期・・・・・・そう秀吉との合戦が ここ 『山崎の合戦』だ。
『山崎の合戦』は、よく耳にする ”天下分け目の天王山” とも言われている。
ここ、京都の山崎には標高270メートルの『天王山』という山があり、ここがその戦場の舞台となった訳である。




と、まぁ、 天王山については後日触れる事として、今回はその山崎の山中にひっそりとたたずむ、『アサヒビール大山崎山荘美術館』を訪れた。

うっそうと茂った森の中を抜けると、おとぎの国に来たかと勘違いしそうな閑静な洋館が現れた。

大山崎山荘美術館05

そしてその奥には紛れもなく美術館が。

大山崎山荘美術館04

館内には著名人が焼いた陶器などが展示されており、庭園もなかなか情緒ある佇まいである。

大山崎山荘美術館01

これは洋館2階のテラスより見下ろした庭の池。

大山崎山荘美術館03

反対側のテラスからは大山崎の町が一望できる。

その昔、光秀もこの景色を見たのだろうか・・・・・・・

大山崎山荘美術館02

別館ではモネの『睡蓮』など超有名な絵画が展示されていた。

正直、あまり絵画などはわからないが、この雰囲気で何となく満足をした雨の休日であった。

大山崎山荘美術館06


スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/07/06(日) 23:06:15|
  2. 京都・その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<サントリーばんざ~い!! | ホーム | 楊谷寺あじさい祭り>>

コメント

はじめまして

きれいな写真ですね。ここの美術館に前から行ってみたいなぁと思っているのですが、込み具合とかどうなんでしょうか。
  1. 2008/07/10(木) 20:50:33 |
  2. URL |
  3. クラフトマン #lsOhGWec
  4. [ 編集]

クラフトマンさん

コメントありがとうございます。駅から少し高台にあるので、そんなに混んでなかったですよ。
  1. 2008/07/12(土) 08:40:57 |
  2. URL |
  3. キャメル田中 #sSHoJftA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://camel2007.blog103.fc2.com/tb.php/211-ffe9e5e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

田中らくだ

Author:田中らくだ
ブログランキング

散歩好きで写真好きの田中らくだ。
古都・京都を拠点に日常目にする感動・感激・涙・笑いなどなど・・・
気の向くままにシャッターを切ってその日の想いを綴っていきたい。

らくだのつぶやき

TweetsWind

訪問者

ランキング

ブログランキング ブログランキング ブログランキング ブログランキング ブログランキング ブログランキング ブログランキング ブログランキング
ランキングに参加しています。
一日1クリックご協力お願いします。

リンク


TUBE





















カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

メールフォーム

メール送信はココから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク

このブログをリンクに追加する

ケータイサイトはコチラ

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。