田中らくだのわがまま日記 fase 3

40オヤジが気まぐれにつぶやきます・・・・

いやぁ~、映画ってホントにいいもんですよね!!

MIZUNO-HARUO

映画評論家の水野春郎氏が亡くなったらしい。
幼少の頃より、彼の解説を聞き、映画オタクだった小生としては 寂しい限りだ・・・・・

またひとつの時代が終わったようなきがした・・・・・・

水野氏の冥福を祈りたい。


◆◆◆◆以下、水野氏の訃報記事より◆◆◆◆


 映画評論家の水野晴郎氏が10日午後3時5分、肝不全のため東京都内の病院で死去した。76歳。岡山県出身。
 水野さんは2歳で旧満州に渡り終戦を迎えた。1946年に引き揚げた直後に両親を失ったが、幼かった弟3人と妹1人の面倒を見ながら昼間は郵便局や本屋に勤め、夜は定時制高校に通った。
 「風と共に去りぬ」や「カサブランカ」などの洋画に魅せられ、56年に上京。洋画配給会社「二十世紀フォックス」に入社し宣伝部長を務めて72年、独立し洋画配給会社「IP(インターナショナルプロモーション)」を設立した。
 その間、慶応大学国文科を9年がかりの通信教育で卒業。71年10月から日本テレビ系「水曜ロードショー」の解説を担当。83年6月の参院選には新自由クラブ民主連合の名簿第3位で立候補したが、落選。記者会見で「いやぁ、選挙って奥行きの深いもんですね。厳しいもんですね」の名セリフを残した。
 95年には念願だった初監督作「シベリア超特急」の製作を発表。自らは山下奉文大将役で出演。特急列車内で起こる殺人事件をサスペンスタッチで描き、山下大将が犯人を突き止めていく。娯楽作品だが、ところどころに反戦平和を訴える監督の思いが挿入されている。同作は「シベ超」の愛称でシリーズ化され、列車が動かない、安っぽいなどの批判が渦巻いたが、その一方でカルト的な人気を誇り、05年8月には石川県のローカル線「のと鉄道」に「シベリア超特急号」を走らせ、監督も乗車。長年の夢をかなえていた。










バナー
↑↑↑↑↑↑↑
ココをクリックしてください。
現在のランキング順位が確認できます。
あなたのクリックがランキングアップにつながります。



スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

  1. 2008/06/11(水) 21:00:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<実がなった!! | ホーム | グルメ出張  四国編その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://camel2007.blog103.fc2.com/tb.php/200-a1ced70b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

田中らくだ

Author:田中らくだ
ブログランキング

散歩好きで写真好きの田中らくだ。
古都・京都を拠点に日常目にする感動・感激・涙・笑いなどなど・・・
気の向くままにシャッターを切ってその日の想いを綴っていきたい。

らくだのつぶやき

TweetsWind

訪問者

ランキング

ブログランキング ブログランキング ブログランキング ブログランキング ブログランキング ブログランキング ブログランキング ブログランキング
ランキングに参加しています。
一日1クリックご協力お願いします。

リンク


TUBE





















カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

メールフォーム

メール送信はココから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク

このブログをリンクに追加する

ケータイサイトはコチラ

QRコード

RSSフィード